ベビー服の選び方

失敗しないベビーウェアの選び方として重要なポイントはサイズです。赤ちゃんはとにかく成長が早いので少し大き目のサイズを購入しようと思っている方も多いと思いますが、手放しに大き目のサイズを選ぶのは失敗してしまう大きな要因になります。

確かに赤ちゃんの成長はとても早く、生まれてから生後3ヶ月の間には、体重は約2倍になりますので、せっかく買ったベビー服が、サイズオーバーしてしまって着られなくなってしまうこともありますので、最初に少し大きめの服を選ぶ方も多くいらっしゃいます。ただこれは赤ちゃんの時期によるのです。

最も大きくなりやすい新生児期から生後3ヶ月頃は、50から60くらいの服が一般的です。生まれた当初は余裕があっても、3ヶ月くらいにはきつくなってきます。その為、最初から3ヶ月しか着用しないことを前提に購入します。生後3ヶ月から6ヶ月頃は、70サイズで購入します。もし標準よりも大きい場合には、80サイズのベビーウェアを購入しておくのもおすうめです。生後6ヶ月から1歳頃は、上下に分かれたデザインのベビーウェアになります。ロンパースなどと違ってある程度の融通が利きますので、一つ上のサイズを購入しておくと、1歳を過ぎてからも着る事ができます。また、ベビー服や新生児肌着の通販サイトを使えば、一覧で種類を確認することができます。ロンパースやコンビ肌着の種類やサイズが見やすくなりますので、出産準備をする時はとても楽になることでしょう。

サイズ選びに要注意

妊婦さんの出産準備は、体調がすぐれない方も多いので本当に大変な部分もありますが、これから生まれてくる赤ちゃんに想いをはせながら、あれこれ見比べながらベビー用品を準備するのは、この時期でしか味わう事ができない楽しみだと言えます。特にカラフルでデザインも沢山あるベビー服などを選ぶ時には、本当に楽しいと思います。しかしここで注意しなければいけないのがベビー服のサイズです。このサイズ選びを間違えてしまうと、ムダな出費になってしまいますので注意してください。

ベビー服で注意しなければいけないのがサイズ選びなのですが、これはしっかりとサイズを確認しても思ったよりも大きかったり小さかったりしてしまうケースがあります。特に妊婦さんの場合には、どうしても実際に買い物に行くという事が難しいので、もっぱらネット通販に頼る事になると思いますが、同じ80サイズを購入しても、他の80サイズとは明らかに違ったベビーウェアが届く事もあります。

これは、メーカーさんの間で寸法の統一ができていないために、同サイズ表記であっても大きさの異なる服が販売されているからです。特に海外製のベビーウェアの場合には、サイズ違いが多く見られますので、股下や袖丈などを確認し、自分の所有している同じサイズのベビーウェアと見比べて購入するのがおすすめです。

出産準備で重要な事とは

これから初めて主産を迎えるという方は、期待と興奮に胸を弾ませていると思います。出産直後はとっても忙しかったり、体調がすぐれなかったりする事もありますので、できれば出産前に余裕をもってもうすぐ会える赤ちゃんのために、ベビー用品など色々な物を準備しておく事が重要になります。特に初めて出産される場合ですと、出産準備にかなりの時間がかかってきますし、そもそも何を準備すればいいのかよく分からないという方も多いのでなるべく早目に準備をする事が重要になります。出産準備の中でも特に良くわからないのがベビーウェアだと思います。

出産準備として用意しておきたいのは、ベビーウェアの中でも短肌着、コンビ肌着、長肌着の3種類になります。この3種類はそれぞれデザインが違いますので、状況に合わせて使い分ける事が重要になります。短肌着というベビーウェアは、おむつが見えるぐらいの長さの短い肌着になります。長肌着は、短肌着よりも長く、丁度足まで隠れる長さの肌着です。コンビ肌着は長肌着と同じくらいの長さなのですが、股部分にボタンがあり、留めることができるデザインの肌着になります。この他にも、ロンパースやツーウェイオール、肌着の上に着せる洋服なども必用になりますが、まずは肌着の3種類を基本にして準備するようにしてください。

こちらのページでは、出産準備で最初に用意しなければいけない、ベビー服の選び方やベビー服を選ぶ際に覚えておいて欲しい注意点などについての情報をご紹介します。